クラゲ Part 2

画像














横浜八景島シーパラダイスのクラゲは定期的に展示の種類が変わります。
今回はこんなクラゲたちです(*^^*)
上の写真は


ハナガサクラゲ


見るからに危なそうなクラゲでしょ?
このハナガサクラゲは、本州から九州にかけての日本海に生息する刺胞毒の強いクラゲだそうです。
生物や植物の危険なモノは派手な色や形をしているのが多いですね(^^;;





画像



上の写真は


タコクラゲ


です。タコクラゲは褐虫藻に棲家と二酸化炭素を提供し、褐虫藻は光合成で作り出したエネルギー(酸素など)をクラゲに与えるのだそうです。
体内に褐虫藻を多く棲まわせている個体は茶色、少ない個体は透明や青色をしているのだそうです。
また、タコクラゲは自力でもプランクトンを食べて生活しているのだそうです。
このクラゲの動きを見ていると飽きません(*^^*)
とっても楽しいです☆☆☆☆☆





画像

















上の写真は


アマクサクラゲ


です。九州地方で多く見られることから熊本県の天草の地名がついたのだそうです。
とても長く伸びる触手と、傘の上には無数の刺胞毒を持っているのだそうです。
この強力な毒を使ってクラゲを捕まえて丸のみにするそうです。


Angelaが水族館でワクワクするのは、クラゲやイルカ、珍しい魚などがいつ見ても新鮮で可愛くて面白いからです(*^^*)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント