世界の絶景・秘境

画像
















甘利氏の問題も野党反日メディアは自民党を瀕死の状態にすることは出来なかった。
書店には普通に「余命三年時事日記」「はすみとしこの世界 そうだ難民しよう!」が平積みされ、加藤達也「なぜ私は韓国に勝てたか」、ケント・ギルバート「やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人」という本も売れてきている。


本当に日本人は目覚め始めているのでしょうね。


Angelaは久々に上記写真の本を中古で購入しました(*^^*)
まさに自分の為の本です。


絶景世界一周
まだ見たことのない景色を探して。

5日間の休みで行けちゃう!
絶景・秘境への旅


でもね、海外なんかには行きません!
何で今更危険な海外なんかに行かなきゃならない?


美しい景色の写真を見るだけで良いのです。
もしも死後の世界があると信じるならば、天国には地球の美しい自然の景色や人間が造った美しい建造物が再現されていると信じるから(*^^*)
それらをより完璧に再現してくれるのは、『本当の神(創造主)』以外存在しません。


絶景世界一周の表紙になっているのは、アメリカ南西部アリゾナ州近郊アンテロープ・キャニオン。

光と色が美しい。

生きているうちに実際に見れるのも嬉しいだろうが、永遠にいつでも見れる世界で見たいと思う。

その他にアメリカ・ネバダ州北西部にあるフライガイザーも美しい。
これは初めて写真で見る景色です。
グーグルで検索すると写真が見れると思いますよ(*^^*)
この本は値段的にコンビニ用の本かな。
学研が出したコンビニ本よりも印刷が良いと思います。


絶景・秘境への旅
は旅行することを前提としたガイド本ですが、旅行ガイドと違って写真が大きく載っています(*^^*)
写真だけ眺めるだけでAngelaは満足です!
ちなみにこの本は定価1500円プラス税が、なんと360円でした(^_^)v


インターネットで検索すれば、たくさんの絶景写真が見れるでしょうが、まずはどこにどんな風景や建造物があるかを知らなければ調べようがありませんものね。
安い本から絶景写真を知る。


そんな美しい地球の遺産を『本当の神(創造主)』は天国という選ばれた魂だけが住む永遠の場所に再現する。


人間は何のために生かされてきたのか?


それを知るために人間はそこに行くための選ばれる魂になる生き方をしなくてはならないのだと思うのだ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント