世界のお城&宮殿

画像



よく似たタイトルの本を以前購入し、日記にも書きました。
そして写真集のタイトルもよく似たものを付けるものだと思います(笑)


写真の本は


世界のお城&宮殿
笠倉出版社


サブタイトルに「死ぬまでに行きたい」とありますね(苦笑)
これが余計だと思いますが、以前購入した「世界の絶景 お城&宮殿(学研)」よりも内容も写真も印刷も良いと思います(*^^*)


まず、表紙の綺麗な青い空と可愛いノイシュヴァンシュタイン城の写真。


学研の出した写真集よりもサイズが下ですが、内容は遥かに学研を超えています(*^^*)


印刷の色の良さ、数の多さ、そして一応日本のお城も小さいながらも載せています。


海外のお城は要塞を兼ねたものから貴族の屋敷の豪華絢爛まで。
貴族の贅沢を肯定はしないけれど、貴族が居たから芸術的なお城も人間の遺産として遺すことが出来たのです。


熊本城は先の大地震で石垣や屋根などが崩れてしまいましたが、数年後には修復出来るのではないでしょうか。


どのお城も修復を重ねながら今に遺すことが出来るのですよね。


実際に生きてる間に世界各国を旅行する身分でもなく、行きたいとは思っていないAngelaですから、この写真集のサブタイトルは興醒めします。


人間、生きている間に出来ることは僅かです。


生まれ変わりの人生なんてありません。


一回限りの人生です。


たくさんの贅沢が出来なくても自分の人生の中から楽しみを見つけて、それがささやかなことでも味わい楽しむ。


そして何よりも、「本当の神(創造主)」に背かない生き方をする。


天国には、人間が遺した数々の遺産が再現されているから。


「何も死ぬまでに行けなくても大丈夫だよ」


と言い聞かせる。


日本も世界もインターネットの情報も乱れる中から、こういう写真を見ることは安らぎであり喜びでもあるのです。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント