豊洲利権と蓮舫 / 井上太郎@kaminoishi 著

画像



この表紙の蓮舫の写真は良すぎである。


今の蓮舫の顔は醜く崩れている。
それは国籍問題、不受理となった告発、再告発、外患罪告発の恐怖を感じているからなのか、はたまた違う理由なのかはわからない。
しかし人間の顔は性格が現れるものである。
魂の腐った蓮舫の顔は、己の醜くさと比例するので今後は尚更醜くなるだろう。


この本の著者である井上太郎氏はネットで有料記事を配信している人のようだ。
有料のためAngelaは読まずには紙の媒体である本を購入した。
この人の本は2冊目である。


画像



前回購入したのがこの本であるが、実は読んではない。
共産党についての内容なので、共産党を信用していないAngelaが改めて読む必要もないと放置していた本である。
この本を購入したのは保守系ブログを読み始めた頃で、他にも共産党関連の本などをたくさん購入しているのではある。


さて、「豊洲利権と蓮舫」であるが、その内容は表題だけではなく共産党はもちろん、民主党(現民進党)政権時代の悪事にも触れている。
それは多岐にわたる問題へと繋がり、結局は日本を蝕む在日、反日勢力問題になる。


画像



Angelaが本を借りずに購入するのは、この様にマーカーを入れるからなのだ。
マーカーを入れると頭に入り理解しやすくなり、再度確認や読み返しが出来るのだ。
活字は真偽の証拠となり、本の良さはそこにある。
この本と「井上太郎 最前線日記」を合わせて読むとより詳しい情報が得られるようだ。


購入したまま読まずにいた「井上太郎 最前線日記」の本も無駄ではなかったようだ。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント