再考・タロットカード

最近、仕事、日常生活以外にやる事も無くなってきて退屈な毎日だなぁと感じている。
唯一の趣味(というか生きる支え)だった洋画も洋楽も底をつき、後の5年をどう過ごしていけるのかと憂いだりする。


毎日毎日、ネットでのニュースと政治に関する動画を観ても出来る事は野党とマスコミの報道に惑わされず信用しないで、安倍政権を応援することだと思っている。


ということで、前回の記事(http://91220073.at.webry.info/201803/article_7.html)で触れたタロット占い結果の解説を改めて詳しくしてみようと考えた。


その前にタロット占いなんて眉唾ものでしょと思っている人もいると思うので話半分に読んでくださいね。


タロット占いを再開した理由は、ネット番組を観ていた時にタレントのフィーフィーさんが堂々とタロット占いやっている事を披露しているのを見たことです。
とは言え、占う問題は殆どない状態。


Angela自身の事を占ってもブログでは公開出来ないですので、大局を占ってみようと思ったのです(笑)


森友問題で安倍政権倒閣運動している野党・マスコミ安倍政権の行方


で、前回の結果が野党・マスコミの行方が DEATH

画像



安倍政権の行方がTHE MOONとTHE SUN

画像



何故、野党とマスコミは1枚のカードで安倍政権が2枚のカードなのか?


それは野党マスコミのカード「 DEATH 死」失敗、終わり、中止はそれだけで終了を意味するから。
その根拠は、安倍政権や日本を貶める為だけに嘘の情報を垂れ流し、特定アジアの為に便宜を図り続ける野党の実態を知れば結果は明らか。
表に現れない保守系の日本再生の為に活動している組織の活動や、保守系のジャーナリスト達の話をネットで見続けていると、彼等の最後の悪あがきが見えてくる。
和田政宗議員に対する恐喝メールも野党マスコミ、反日組織の追い詰められている現状及び彼等に都合の悪い時は恫喝するという常套手段に過ぎないのではないか。

それは第二次安倍政権が日本を侵食する悪を駆逐する為の政策や制度を進めているからに他ならないのだ。
しかしネット以外ではその事実は見えてこない。
ネットでも敵に情報を与えるのを防ぐために詳細は明らかにされてはいない。
しかもそういう情報は自分から検索していかなければ辿り着けない。


その安倍政権が森友問題で今ピークを迎えている。
カードは正しく 「THE MOON月」不安、もやもやした状況、誤解を受ける、まさにマスコミと野党の捏造報道による悪い印象。
その後はどうなるかという事でもう1枚のカードを引くと、 「THE SUN太陽」明るさ、つまり誤解が解けて真実が明らかになるという解釈をした。

1年前から印象操作で関与していると報道され続けた事が、今の状況で安倍氏と昭恵夫人の関与は否定された。
これから先にもっと真実が明らかになる、という事。
明らかになればなるほど、反日組織、野党マスコミの悪事が太陽の下に晒され窮地になる。


まあ、この解釈が正しいかは未来が示してくれる。


ところで、Angelaのタロットのやり方は質問を思いながらカードを正位置のままシャッフルし、1枚から3枚のカードを直感で選ぶだけである。
1枚で結果が解らない場合や重要な問題の場合には2枚から3枚のカードを引く。


解釈はカードの意味は参考程度で、カードの絵柄から得る直感も判断となる。
そして実際の状況を検証するというやり方。
カードは逆位置は採用しない。
その理由は、もしも悪い未来ならば悪いカードが選ばれるから逆位置の意味を採用する必要がないから。


色々な占いサイトに書かれているカードの解釈や占い方法は採用してません。


だから話半分として、面白い妄想記事だと読んで下さいね!



この記事へのコメント