*補足あり・今後20年間(2038年まで)の日本の行方

佐川氏の証人喚問も野党の思うような展開にならなかったようですが、自分たちの主張が正しく、敗北を認められないのが左翼の特徴なのだそうだ。


へぇ~、そうなんだぁ。ふ~ん。


死んだら大人しく地獄で反省するのでしょうか?
それとも自分は間違っていない、悪くないのに地獄に堕とした「本当の神(創造主)」が悪いと喚き続けるのでしょうか?
だとしても「本当の神(創造主)」にとっては痛くも痒くもありません。
永遠に地獄の番人が「本当の神(創造主)」に変わって地獄で罰を与えるだけです。


信用出来る情報は僅かで、醜い情報に晒されたせいなのか一気にネット情報離れを起こしそうです(苦笑)


さて、今後20年間の日本以外の世界の行方については触れましたので、今回は

今後20年間(2038年まで)の日本の行方

についてのタロットカードの妄想記事です。


こちらも話半分で変な話をするブログだなぁ、としてお読み下さい。


画像



THE SUN (太陽)
THE HIGH PRIESTESS (女教皇)
THE STAR (星)


あら?


世界が崩壊するのに反比例して全て良いカードですね。


日本を取り戻すと、安倍晋三氏が日本が暫くは壊れない道筋を作ってくれているからでしょうか?


それもあると思います。
この3枚のカードの解釈ですが、


太陽というのは、日本神話で太陽神を意味する天照大御神の事を示す
女教皇というのは、女神(「本当の神(創造主)」)
星というのは、それらの加護で世界が混迷していく中で20年という間は日本が希望の星として存在する


但し、あくまでも今後20年間(2038年)までの日本です。


何故なら、世界が混迷していく中で日本だけが無傷で存在し続けられる筈がない。
世界の混迷は日本にも影響を与えながら、やがて日本を巻き込んでいく。


しかし崩壊し始めるのは今から20年後の話である。


まさに日本が最後の砦


ということ。
日本人は戦後、先進国の横暴により苦しめられてきた。
それを見兼ねた「本当の神(創造主)」の慈悲も今後20年間までという事。
人間は支配、虐殺、奴隷の繰り返しですから。


ところで「本当の神(創造主)」が皇帝ではなく女教皇なのは何故?
とお思いではないですか?


「本当の神(創造主)」は男神と女神の2人が存在しているというのがAngelaの持論(「本当の神(創造主)」は男神と女神合わせて「本当の神(創造主)」なのだ)。
人間の価値観では「本当の神(創造主)」は男なのだが、日本の場合は例外で天照大御神は女神である。
よって、日本を護る「本当の神(創造主)」も女となる。
フェミニストたちには喜ばしい事ですね。



それでは20年先の日本の行方はどうなるのだろう?
ということでカードを引いてみると……


残念な事に


画像


DEATH 死
そして
JUDGEMENT 審判


世界と同じ崩壊が訪れる。
そして「本当の神(創造主)」による最終審判が下される。


まるでAngelaの持論をつじつま合わせするようなカードが出たのですよね……


審判とは死を迎えた人間達の魂の最終的な振り分け。
宗教で言われているような死者を蘇らせてまで審判するのではない。
ここまでで「本当の神(創造主)」に認められなかった魂は地獄へ永遠に堕ちていく。


死を恐れるべきなのは地獄に堕とされる人間だけなのだが、「本当の神(創造主)」を信じない人間には地獄に堕ちる怖さもない。
むしろそういう人間は、自分の気に食わない人間に対して地獄に堕ちろと罵倒するのだ。


「本当の神(創造主)」の目的は肉体に宿らせた魂が肉体の経験によって強く正しく美しく成長する事を目的としていた。
人間の価値観による優劣ではなく、個々の行いで魂が豊かに育つのだ。
その魂を天国という自由で愛と希望に満ち溢れた永遠の世界で共に生き続けるために。


人間を見限った「本当の神(創造主)」なのに、救われる人間がいるという慈悲に報いる為に


人間が出来ることは、「本当の神(創造主)」に認められる行動を示す事以外無いはずなのに…


という妄想に沿った結果が見事に出ているのが面白い(^。^)
話半分で楽しんで読んで下さい。


最後に比較の為に、日本以外の今後20年間(2038年まで)の世界の行方
画像



今までは感じなかったが、タロットカードとは使用する人によってなのか、不思議な道具である。




この記事へのコメント