令和の行方

あと半月程で平成が終わります。
世界も日本も動いています。


それが吉と出るか凶と出るかは「本当の神(創造主)」のみぞ知る。


そんな一般人には見えない政治の駆け引きとネット上の騒音。
ネガティヴと悪意というモノは物凄い破壊力を持っている。
ネガティヴと悪意に晒されていると、心乱される。


ウンザリしてしまう。


そこで暫く封印していた「タロット・カード」を手にしてみた。
約1年と1ヶ月振りのようだ。
タロットはAngelaの精神安定剤の一種かもしれない(笑)
いくつかの質問でカードを引いてみる。
しかし、頻繁に公開するつもりはない。


今回は新しい元号に移る節目となる時代がやって来る。


ということで、新しい「令和」の日本はどうなるのか?


そしてカードを引いてみた。


Angelaの場合は大アルカナカード22枚のみを使用し、正位置のままシャッフルしてその中から3枚を選ぶ方法である。
そのやり方はプロの(詐欺師の)占い師とは異なるかもしれない。
従って、占い結果も話半分として下さいね。


画像



①THE HANGED MAN 吊るされた男(左)
これは平成までの日本の状態が見事に現れています。
敗戦後、アメリカに縛られ、隣の半島人、大陸国、国内の反日売国による水面下での侵略に身動きが取れない状況。
その影響は「令和」という新しい元号の時代に移ることになっても暫くは影響を残すでしょう。

②THE SUN 太陽(中央)
「令和」という時代はそんな身動き出来ない状態から抜け出していきます。

③THE CHARIOT 戦車(右)
今までの押し潰されていた日本の力を取り戻し、前進していく時代となるでしょう。


「令和」という時代がこの先どれくらい続いていくのかはわからないけれど、「令和」の時代は今まで奪われていた国力が回復していくのではないか。
反日売国諸君にとっては「日本、死ね」だから日本は衰退、隣国からの侵略で奴隷国家になる事を望んでいるのでしょうが。


それに無名なAngelaのタロット占いの結果など当てには出来ないでしょうし。


Angelaとしては、こういう結果が出たのはまるっきりの希望的観測からではないと受け止める。


何故なら、そうでも解釈しなければこの先の人間社会でなどで生きていく価値など無いからである。


久しぶりのタロット・カードにもう少しだけ生きる光を見たようで心が晴れた気がする





この記事へのコメント