Angelaの独り言 119 アリバイ・ドット・コム

フランス版「シティ・ハンター」があまりにも面白かったので、同じ監督作品「アリバイ・ドット・コム」という映画を観てみたいと思った。
Amazonで注文したところ遅延が続きキャンセルして諦めていたところ、数ヶ月後くらいにAmazonをチェックすると普通に買える事が判明。
今度は2、3日で配送された。


CA13BE4A-FD06-4BA2-94E8-5B2B7D742E5E.jpeg
監督フィリップ・ラショー

キャストは「シティ・ハンター」の主要メンバーが出ている。
つまり同じ仲間たちなのですね。
主人公は浮気をバレないようにアリバイ工作する会社社長。
そこに後に彼女となる父親が浮気のアリバイ工作を依頼して……というお話。

しかしこの監督作品は面白い!

絶妙な「間」が最高に笑える。
罪のない下ネタに爆笑(思わず引いちゃうような下ネタもある)
移民国家ならではの不法入国者ネタもあるよ。
ドタバタコメディー映画なのに脚本が良く出来ている。

この映画を観るとフランス人気質もよく解る。
結婚してても浮気はしたい、子供なんて二の次
よ。
子供に冷たいお国柄が出てます(笑)
そういう扱いで育つ子供が大人になり因果応報を繰り返すのは普通のこと。
実際のフランスは事実婚が多いんだから、浮気は問題ないと個人的には思う。
法的縛りがないのだから好きにすれば良いじゃん。
結婚してても浮気はしたいならすれば良いお国柄かと。
でも不思議と浮気すると修羅場になるよね。

しかし、子供からすれば事実婚であろうが親が別れてしまうことに傷付くよね。

そういう配慮も少しあるコメディー映画だ。
しかしこの国はつくづく移民国家だなぁ……
フランスは国を破壊するEU諸国に所属しているので国境無しですから当たり前ですかね。
まぁ、今は移民国家が多いですから普通のことだと思います。

ラストは浮気がバレた人たちの末路がわかる。
離婚、妻からの痛いお仕置き、よりを戻す、色々だ。

そして最後に主人公も彼女とのよりを戻すのだが、とにかく良く出来ているコメディー作品だ。

個人的にはこの監督作品では「シティ・ハンター」と「アリバイ・ドット・コム」の2作を押さえておけば楽しめる映画だと思います(^^)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月05日 10:35
こんにちは

これは観てないです。
面白そうですね。
観てみよう!
Angela
2020年07月05日 12:16
トトパパ様

こんにちは。
この映画はフランスでヒットしたそうですよ。
なかなか面白い映画です(^^)

コメントありがとうございます!
2020年07月09日 20:48
フランス映画を見たのはいつの頃だろう?。
アラン・ドロンかジャンポール・ベルモンド(^^♪。
アカン、歳がバレます(笑)。
フランス映画も昔とじゃ、随分と変わったかも。
Angela
2020年07月09日 23:01
y&m様

確かにアラン・ドロンやジャンポール・ベルモンドの頃のフランス映画とは違いますね。
いくつかフランス映画のDVDを持っていますが、このフィリップ・ラショーという監督作品はそれらとは異なります。
言葉がフランス語で多民族国家色が出ている下ネタ入りの楽しいドタバタ映画です(^^)

フランス映画も世代交代でかなり面白くなったのかもしれませんね(^^)

いつもコメントありがとうございます!