テーマ:洋楽

Angelaの独り言 78 Kenny Rogers

2020年3月20日アメリカのカントリー歌手Kenny Rogers氏がお亡くなりになったそうです。81歳でなんと死因は老衰だったというので、かなり驚いてしまった。 皆さま、ご無沙汰しております。コロナウイルス騒動で世界が大変な状態ですが、体力、気力を失わずにこの危機を乗り越えましょう❗️❗️ さて、ケニー・ロジャースさん …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Angelaの独り言 56 Laughter in the rain

洋楽を夢中になって聴き始めたのは中学1年の頃から。英語もよくわからないけれど、一生懸命に耳を傾けていたから聴いた記憶が今でも蘇るものである。 Laughter in The Rain という歌も長い間、記憶に残っていた歌。それが引き出されたのは何年も前、 Neil SedakaTHE HUNGRY YEARS1975年作品 とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ELKIE BROOKS / THE COLLECTION

2019年もあと20日余りとなりました。アッと言う間に一年が終わろうとしていますね。今年の夏は関東に大型台風が2度も直撃し、多大な被害をもたらしたショックはなかなか癒えません。しかし、時間だけは無常にも刻々と何事もなく過ぎていきます。 もうそろそろ心の準備をする時期に入ったのでしょうか。そうであるならば、残りを悔いなく過ごさなくてはな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レーナード・スキナード/ トゥエンティ

長年、洋楽を探し求めていたが聴ける音楽も底上げだと思っていたが見つかるものである。 横浜駅西口と関内駅にdisk unionという中古CD店がある。この2店は扱うCDが多少異なる。横浜駅西口店はヘヴィメタ好きの男性向け、関内駅店は年齢層高めの昔からの洋楽通が訪れる店。関内店の方がCDの種類も豊富だが、難点は流れるBGMがマイナー過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーザン・ボイル 夢やぶれて

SUSAN BOYLEI Dreamed A Dream2009年 良い音楽かそうでないかは、話題が過ぎて10年以上経っても聴くことが出来る作品だと個人的に思う。 このスーザン・ボイルのアルバムはそういう点で充分に合格である。今から10年前のアルバムになりますね。中古店に3点500円という投げ売りの中で買い、改めて聴いてみた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ブルースシンガー Elkie Brooks

お金を使わない何か面白いことはないものだろうか…… 最近の悩み事である。 そうだ!!💡 暇つぶしにネット動画検索をしてみよう! 先ずは「男組」というヴァイオリニスト………趣味ではない 次にドラムソロ…………つまらない メリサ・マンチェスターのdon’t cry ou…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BILLY JOEL / AN INNOCENT MAN

1983年ビリー・ジョエルアン・イノセント・マン 1983年というと、Angelaが洋楽離れをし始める数年前のこと。そんな時期に購入したアルバム。もちろん当時は輸入レコード。これは中古CD。買ってはみても、どうも聴く気になれずにいた。しかし世の中に楽しみはなく、これでは数年も惰性で生きていくには無意味で苦痛でしかない。7月に入って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

完・ジャズヴォーカル雑感

カナダ人であるダイアナ・クラールというジャズピアニスト兼ヴォーカルは、1990年以降に最も成功したジャズ歌手の1人だという。 リアルタイムでのジャズシーンは知らないが、今では中古で彼女のCDが出回っている。 ピーク時ではアメリカで160万枚以上を売り上げたとされているが、かなり少ないと思う。 それでもジャズとしては大成功の部類に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズヴォーカル雑感③

最近のジャズヴォーカルには「これはジャズなの?」と思うものがある。 ボサノバ、ソウル、ゴスペルなども取り入れられている。 それでもバンド演奏である限りはまだジャズだと言えると思う。 しかし、個人的にボサノバは好きではないのでジャズとは呼びたくない。 ボサノバは口先だけで軽くボソボソと歌っていて歌唱力を必要としない。 ボサノバの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サリナ・ジョーンズ / Salena Jones by REQUEST

サリナ・ジョーンズのアルバムではジャズでは珍しくオリジナル曲だけで作った 「Shifting Sands Of Time シフティング サンズ オブ タイム」 というアルバムがお気に入りである。 サリナの音楽を知ったのはそのアルバムよりも前の作品で、ポピュラーのカヴァーで退屈なものだった。 それでも彼女の甘く、そして低音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォークマン用スピーカー

CDプレーヤーは一度に1枚のCDしか再生出来ないので、CDの取り出しや取り替えの手間が掛かる。 グーグルやアレクサなどに繋げて音楽を流さないので手間を選びます(^^) 今回、新しいJVCのCDプレーヤーを購入し、仕事場で使っているウォークマン用スピーカーのメーカーを何気に見たら なんと! 「JV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンパクト コンポーネント システム

使っていたマランツのCDデッキが遂に壊れてしまった…… オーディオの寿命は5年から10年くらい。 だから仕方ないのだ。 音楽はCDで聴くAngelaにとって代わりのCDプレーヤーを見つけて買わなくてはいけない。 しかし予算と言うものがある。 今は仮のCDプレーヤーで良いと判断。 後日、ヨドバシカメラに安くて良い音響を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「La La Land」

DVDを買ってまで観たくはない映画がテレビで放映されたので観てみた。 La La Land ララランドとは、ロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味するそうだ。 映画を観た時に感じた意味不明なミュージカルの意味がわかった。 この映画は高評価のようだが、主演俳優の2人に魅力が無いのとストーリーに説得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フュージョンのCDアルバム

中古CD店に行っても買うべき音楽に出会えなくなったこの頃は、得意分野ではないジャンルを見る。 それはジャズやフュージョンという分野になる。 Angelaは昔から自分で音楽を選り分けてきたから、この未知の分野でも自分で開拓することになる。 今はネットで検索して少し試聴が出来るから昔ほど失敗は少ない。 しかし手当たり次第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーボ・ブライソン、11年振りのアルバム

どこかで聴いた事のある歌声だった。 この流れている歌はもしかして…… そう思いながら再生中のアルバムを確認すると、 確かにそれはPeabo Bryson ピーボ・ブライソンだった。 ピーボ・ブライソンは、有名な歌で「美女と野獣」「アラジン」のテーマソングを女性歌手とデュエットした事で、ソフトバラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Queen Ⅱ / A Night At The Opera

イギリスのアートロックバンドQueenはAngelaの姉が特に好きで聴いていたため自然と聴くようになっていた。 同時期にはエリック・カルメン、ベイ・シティ・ローラーズも好きで洋楽を聴くようになった時期でもあった。 当時は当然レコードの時代で姉がこの2枚のアルバムを含み、計5枚のアルバムを買って聴いていたと思う。 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリビュート DAN FOGELBERG

Angelaは物を物色する場合、ネットではなく店舗に出向くのが常である。 それでも十分な品揃えの店舗はあるものではない。 CDの場合も横浜では不十分なのである。 写真のCDは去年12月に東京・渋谷のタワレコに行った時に見つけた輸入盤である。 A TRIBUTE TO DAN FOGELBERG…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EAGLS / HOTEL CALIFORNIA

洋楽ファンの間では有名な Eagles Hotel California 1976年作品 このアルバムが発売されたのは、Angelaが14歳の年。 既に洋楽を聴いていたのでこのアルバムもEaglesの事もラジオでリアルタイムで聴いていた。 しかし、あまりにも話題になり過ぎていた記憶がある。 当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Blondie GREATEST HITS

Blondieブロンディとは1974年から1982年に活動した後に解散し、1997年に再活動して現在に至るようだ。 Angelaがブロンディのアルバムを持っていたのは写真とは異なるベストアルバムで音源も古く、処分していた。 そんなブロンディのベストアルバムを久し振りに聴きたいと思ったのは、中古CD店で写真のベスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若かりし頃のEric Carmen

某ダウンタウンの番組を観てました。 単なるバラエティー番組です。 その番組では日本の某バンドのリーダーが主役でした。 出演の理由はDVD発売の宣伝の為です。 Angelaには全く興味のないバンドリーダーです。 そんな興味ない人を疑惑の目で観ていたら、なんとまぁ、才能の持ち上げ方が半端ない(笑) アメリカのKI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレン・レディ / グレイテスト・ヒッツ

Angelaがリアルタイムで聴いていた洋楽で、最近特に探していたCDが遂に手に入りました! HELEN REDDY‘S GREATEST HITS (AND MORE) ヘレン・レディ グレイテスト・ヒッツ(アンド モア) 1987年作品 ヘレン・レディという人のCD自体が横浜の中古店で出てこなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SURFACE / 2ND WAVE

AOR CITY 1000シリーズのCDというのは昔の良き時代の代表的なアルバムの再発売シリーズ。 歌詞対訳は無いが千円で買えて、しかも音質が向上している。 さすがにCDの初期の音源には満足出来ないものがある。 SURFACE サーフィス 2ND WAVE 1988年作品 1988年というのはAn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

wendy lands / piosenki

よく足を運ぶ中古CDを物色するお店を「オタッキー」とAngelaと息子は呼んでいる。 「オタッキー」とは、店員が流すとんでもないマイナー、またはアンダーグランドの奇妙なCDをBGMに流す店でもあるからだ。 先日、その店に足を運ぶと、とんでもない音楽CDが流されていたのである。 おそらく自費制作であろう才能のカケラも感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pure BS / Blake Shelton

ブレイク・シェルトンを知ったのはデイヴィッド・フォスター&フレンズのライブ映像から。 デイヴィッド・フォスターは正直好きではないが、彼をヨイショするライブに集められたアーティスト目当てで購入したら繋がったカントリー歌手である。 Pure BS 良い声である。 楽曲もカントリーロック、バラードと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ashley Monroe / LIKE A ROSE

ジャズよりもアメリカのカントリーミュージックの方が聴けるアルバムは多い。 カントリーミュージックというのは日本の演歌のようなものだという。 日本の演歌よりは明るいカントリーミュージックの方がお酒を飲んで心地好い酔いの中で聴くには最高なのではないかな、と思う。 何故なら、カントリーはバンド演奏が基本だから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ALBERT HAMMOND / YOUR WORLD AND MY WORLD

当時はよくレコードでリピートして聴いていたアルバム。 CDで聴ける良さと懐かしさが蘇る。 一緒に歌えるもん。 YOUR WORLD AND MY WORLD (風のララバイ) ALBERT HAMMOND 1980年作品 A面だった5曲が特に好きで聴いていた。 アルバート・ハモンドさんは数多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SUPERTRAMP / Breakfast IN AMERICA

リアルタイムで持っていたアルバム ブレックファスト・イン・アメリカ スーパートランプ 1979年作品 このアルバムが低価格CDで発売された。 当時の印象は「ヘンテコな音楽」であり、ポップス志向だったAngelaにはまだ早かった音楽だったと思う。 今なら聴けるか?それともやはり変な音楽のままか? 安い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STYLISTICS / SOME THINGS NEVER CHANGE

スタイリスティックスのイメージは「愛がすべて」などのファルセットヴォイスのコーラスグループ。 1970年代の黒人音楽はスタイルも質が高かった。 白人はTシャツにジーパン、黒人はお洒落なスーツだった。 このアルバムでもスーツに蝶ネクタイ、裏には4人の皮靴と黒猫が1匹。 いまの黒人はダボダボズボンとダボダボシャツ。時代は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dan Forgelberg / High Country Snow

ダン・フォーゲルバーグも洋楽を楽しむアーティストの1人であった。 アルバム「フェニックス」から1985年に発売されたこのアルバムを最後にリアルタイムでは最後となった。 このアルバム「HIGH COUNTRY SNOW」は、ダンがブルーグラスというジャンルに挑戦した作品で、当時のAngelaには受け入れられない音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘッドフォン購入

暇つぶしに家電量販店でオーディオのヘッドフォンを見ていた。 安いデジタルオーディオのイヤホンは音質が悪く、耳の穴に入れる形がどうしても受け入れられない。 密閉型のヘッドフォンは値段も高額だけど、今は人気なのか種類がたくさんある。 試聴も出来るので何気に手持ちのウォークマンで性能を試してみると、何とも音が薄っぺらい。 1万円以下だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more