テーマ:

デスペレーション/ レギュレイターズ

「デスペレーション」という映画を観て、原作を見てみようと思った。何故、読もうではなく見てみようと言うのかというと、Angelaはとにかく小説を読むのが苦痛なのである。中学校の読書感想文の為にいくつか小説を読み漁ったが、今もその時の小説を読み直す気にもならない程に変な作品を読んだのだと思う。 そんな読書嫌いなAngelaが読めた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本地図・世界地図

久しぶりに金曜日の「虎ノ門ニュース」を観ていたら、世界地図があると世界のニュースに便利だと思った。 世界地図などという高額ではない物は簡単に手に入るのです。 そう、暇つぶしにたまたま行ったブックオフにて(新品で買わないのがセコいけど)地図本を探したらありました。 一冊でわかる 日本地図・世界地図 成美堂出版 20…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

韓国への絶縁状 / 高山正之

隣の半島国の「逆ギレ」「捏造」「タカリ」「驕り」に日本人はどう思うのだろうか。 ネット民の一部は過激に政府のやり方(断交、ビザ復活、フッ化水素輸出停止などを実行しない)を批判しているが、周りの一般人にはそういう事情は知らないし知ろうともしない問題だと思う。 テレビのニュースとネットでの温度差もあるせいだろう。 Angelaはネットを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Angelaの世界

ブログを始めたのは携帯電話を持つようになった時からなので、かれこれ10年は続けてきたようで、このサイトでの『Angelaの世界』というブログも2013年5月29日に始めているので約5年になります。 正直、よくここまで続けてこれたなぁと思っています。 というのも、実はブログを続けてきた目的は2017年の時点で終わってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

民間防衛スイス政府編と東京防災

東京都民には全家庭に1冊無料で配布されるという東京防災(写真下)という冊子が書店で130円プラス税で売られていた。 ネットで評判が良いとチラッと見たのを覚えていたので購入してみた。 写真上の赤い表紙の本はあらゆる危険から身をまもる 民間防衛 スイス政府編といって、ネット保守の間では評判の本である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本昔話と絵本

まだTBSが反日勢力に乗っ取られていなかった頃、TBSテレビでは まんが日本昔ばなし というアニメが放送されていた。 このアニメ番組が無くなったのは、反日勢力に乗っ取られたTBSが日本人の子供に日本の良き昔ばなしを教えないために放送を打ち切ったと言われている。 今ならば、その話は全くの嘘話ではないだろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権に関する書籍

1人の政治家に関する本を購入するとは、安倍晋三氏が初めてである。 そのキッカケになったのは「約束の日」という本を熟読したことが大きい。 しかし、実はこの本を読む前に購入していたのは阿比留瑠比「総理の誕生」であった。 しかしこの本は中古であり、購入してから熟読はしていない。 サラッと見ただけである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAPANISM 35

余命三年時事日記という漫画が連載されている。 日本再生を目的としたブログの漫画化である。 「この国は… 日本は… 日本人は… 朝鮮人によって支配されているんだ」 衝撃の発言である。 そして日本再生のためのブログは始まったのだろう。 Angelaが「余命三年時事日記」を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊洲利権と蓮舫 / 井上太郎@kaminoishi 著

この表紙の蓮舫の写真は良すぎである。 今の蓮舫の顔は醜く崩れている。 それは国籍問題、不受理となった告発、再告発、外患罪告発の恐怖を感じているからなのか、はたまた違う理由なのかはわからない。 しかし人間の顔は性格が現れるものである。 魂の腐った蓮舫の顔は、己の醜くさと比例するので今後は尚更醜くなるだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAPANISM 33

JAPANISMという保守系の雑誌を購入するのも今回でナント5回目である。 保守系の雑誌では「正論」があるが、これは読み難く内容が堅い。 それと比べるとこのJAPANISMは読み易い。 全ての記事が保守系なのかはわからないが、その中から トランプ大統領の可能性と日本のとるべき道 倉山満 × 江崎道朗 という対談記事の内容か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本軍は本当に「残虐」だったのか

日本軍は本当に「残虐」だったのか 反日プロパカンダとしての日本軍の蛮行 著者: 丸谷 元人Marutani Hajime ハート出版 中古で購入していた本。 BC戦犯裁判で日本人戦犯が受けた虐待の記述がp.185からp.190までに記述されている。 反日日本人を始めとする人間は、日本人を悪者にし日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白い本

面白い本を中古で見つけた。 韓国とかかわるな! 韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる ー Kの法則 [著] 某国のイージス アイバス出版 2014年初版 YouTubeの「反日おもしろチャンネル」の動画内容を基本とし、書籍向けに一部加筆修正の上、再構成・編集した内容の本。 韓国の軍事状況がとてもわかりやすくて読みや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスで出会った猫たち / レイチェル・マッケナ

活字以外の本ならば、可愛い猫の写真が良い。 しかも、お洒落な街に住む自然な猫の姿を写したものが良い(*^^*) フランスで出会った猫たち レイチェル・マッケナ フランスの田舎の歴史的建造物とそこに暮らす猫の姿。 フランス人もフランスという国も特別好きなわけじゃない。 だけど、お洒落で素敵な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党政権ー悪夢と恐怖の3年3ヶ月

今まで保守系の本を中古新書合わせて沢山購入してきた。 その中で、1番Angelaの求めていた本を中古で手に入れることが出来た。 民主党政権ー悪夢と恐怖の3年3ヶ月 「思想ウイルス感染」に冒された政権与党の一大パンデミック! 著者 山村明義 青林堂 平成25年6月20日初版 民主党政権とは、今の民進党が行った政権時代の事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gの漫画

保守系のブログや本ばかりに意識を向けると、正直辛いものがある。 何故なら、特にブログには情報操作が意図的に行われており、中には陰謀論を混ぜ込んだ内容もあるからだ。 政治の世界は、政治関係者の正しい情報を知っていない限り判断は難しいと思う。 普通の生活を送る人たちが出来る事は、やはり選挙で日本と日本人を護ってくれる政党や政治家を選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAPANISM 29, 30 & 31号

JAPANISMは青林堂から出版されている。 この雑誌が保守系なのかはわからないが、一応、保守派からは読まれているらしい。 Angelaがこの雑誌を知ったのは保守系ブログを読み始めてから。 JAPANISM 29が最初だった。 小坪しんや氏 井上太郎氏 杉田水脈氏 余命プロジェクトチーム など、保守系では有名な人たち。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のお城&宮殿

よく似たタイトルの本を以前購入し、日記にも書きました。 そして写真集のタイトルもよく似たものを付けるものだと思います(笑) 写真の本は 世界のお城&宮殿 笠倉出版社 サブタイトルに「死ぬまでに行きたい」とありますね(苦笑) これが余計だと思いますが、以前購入した「世界の絶景 お城&宮殿(学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽のまとめ vol. 24 番外編

MUSIC DATA BOOK Billboard ビルボード年間チャート1955-2001 Angelaが洋楽を聴き始めたのは同年齢の女子よりもかなり早い。 そして聴き続けてきた洋楽も共通する人は皆無に等しかった。 ただ一人、同級生に洋楽好きはいたが、その嗜好には参考となるべき音楽はなかった。 よっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日朝中世史 恨みの起源

何を血迷ったか、恨みの起源という文句に購入してしまい完読(苦笑) 完読出来たのは活字だけではなく、図解や写真入りで110ページでまとめられているから。 最近物色する本といえば、殆どが日本の情勢に関連するものばかり。 それほどに危機感を持っているという現れなのだ。 もちろん、Angelaの興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景、芸術的建造物の本

買い集めるきっかけとなった写真集3冊。 世界遺産の街を歩こう (左) 世界の美しいお城 (中央) 世界遺産に行こう (右) コンビニで見つけたのが始まり。 一冊600円でお釣りがくるので購入したもの。 印刷の色が値段の安さに表れているけれど、入門編として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景

地球とは思えない 世界の絶景 宝島社 830円プラス税 値段の割に内容が良かったので新品で買いました(o^^o) ただし、サブタイトルがウザい(苦笑) 地球とは思えない、なんて地球に決まってるでしょ!! やはり、綺麗な地球の景色を見ると世の中の汚れきった人間の行動、事件、陰謀などからほんの少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで海外のような日本の絶景

自分の為に購入した本(o^^o) Angelaが見たいのは美しい風景写真。 文字を読みたい訳ではない。 前回購入した風景写真の本と同じ中古本です(笑) 表紙はマチュピチュに似ていると有名になった竹田城跡。 日本には美しい風景がたくさんある。 中国の九寨溝に似た北海道の神の子池を見ると、中国なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景・秘境

甘利氏の問題も野党反日メディアは自民党を瀕死の状態にすることは出来なかった。 書店には普通に「余命三年時事日記」「はすみとしこの世界 そうだ難民しよう!」が平積みされ、加藤達也「なぜ私は韓国に勝てたか」、ケント・ギルバート「やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CHATS ネコ大好き!

今、動画で猫が人気だそうだ。 Angelaは元々猫大好き! 猫なら何でもOKではなく、性格が良くて可愛い猫が好き! 書店で見つけた CHATS ネコ大好き! は、フランス人のジャン・キュヴリエ博士が書いた大人向けポップアップ本。 ネコの性質が猫の視点から書かれていて猫を愛する人のためのポップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリム童話・おどる12人のおひめさま

「エロール・ル・カイン魔術展」で読んだ絵本 グリム童話 おどる12人のおひめさま 絵: エロール・ル・カイン 訳: 矢川 澄子 1980年初版から読み継がれてきた絵本なのだそうです。 この絵本は2015年、イラストをデジタル化し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 悪魔が憐れむ歌

前作に続く 暗黒映画評論 続 悪魔が憐れむ歌 高橋ヨシキ 2014年 この本も高橋ヨシキ氏が雑誌「映画秘宝」に書いた文章を加筆・訂正、そして新たに書き下ろしたものを一冊にまとめたもの。 前作よりも、世の中に対する閉塞感から来る怒りのような文章が強く現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人買い☆

ブックオフにて浦安鉄筋家族の単行本を大人買いしたAngelaです(笑) 運良く1巻から31巻まで揃ってたのですよね(*^^*) 一冊108円です。 テレビアニメをきっかけに改めて読んでみようと大人買いしてみました。 息子が読んでいた浦安鉄筋家族ですが、その後には元祖!浦安鉄筋家族、毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦安鉄筋家族

毎週金曜日の夜、東京MXテレビで5分間だけの浦安鉄筋家族のアニメが放送されています。 この浦安鉄筋家族という漫画は、息子が中学生だった頃に単行本を中古で揃えていたハチャメチャ漫画だった記憶が強烈に残ってました。 その頃には拒絶反応が強く、Angelaは読みませんでした。 それが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景*お城&宮殿

ドイツのノイシュバンシュタイン城が表紙になった (右) 世界の絶景*お城&宮殿 Gakken 以前安かったので購入したドイツのホーエンツォレルン城が表紙になった (左) 世界の美しいお城 Gakken 同じGakkenから出版されたお城の本。 2冊を比較すると、やはり印刷の違いが明らかであります。 世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完訳グリム童話集&初版グリム童話集

ベストセレクション初版グリム童話集を中古で手に入れた後に、やはり中古で手に入れたのが写真の 初版グリム童話集① ② ④巻 吉原高志 / 吉原素子 訳 白水社 完訳グリム童話集1・2・4・5巻 金田鬼一 訳 岩波文庫 中古です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more