Angelaの世界プラス番外編Angelaの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 若かりし頃のEric Carmen

<<   作成日時 : 2018/01/14 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

某ダウンタウンの番組を観てました。
単なるバラエティー番組です。
その番組では日本の某バンドのリーダーが主役でした。
出演の理由はDVD発売の宣伝の為です。


Angelaには全く興味のないバンドリーダーです。


そんな興味ない人を疑惑の目で観ていたら、なんとまぁ、才能の持ち上げ方が半端ない(笑)
アメリカのKISSというバンドのジーン・シモンズも引っ張り出してべた褒めしていた。
KISSというグラムロックバンドを知る人は洋楽に詳しい人でしょう。


そのバンドリーダーは、最後は自分のバンドの曲をクラッシックアレンジでピアノ演奏まで披露してフィニッシュ。


当然、ダウンタウン始め出演者は拍手喝采。


それを観ていたAngelaは、どうも納得出来ない。


何故なら、優雅に弾いているピアノ演奏がまやかしに思えてならなかったのだ。
クラッシックの演奏だからといって撫でるように弾くとは変ではないか?
ピアノは撫でて弾くものではなく、指で叩いて演奏する楽器であると認識していたのだが。
ましてや彼はメタルバンドではドラムをワザとらしく叩いて倒れるパフォーマンスをしているではないか(呆れる)……。


そこで、クラッシックを学んだシンガーソングライター兼ロック歌手のEric Carmenのピアノ演奏をYouTubeで観てみよう!と思ったのであります(^-^)


Eric CarmenというマルチなアーティストはAngelaが13才の時に知り、それ以降洋楽にのめり込んだキッカケの1人です。
日本で来日ライブを開演した時には姉と2人で観に行きました。
その頃の日本人はとても礼儀正しく、席を立つことも飛び跳ねることもなかった時代です。


YouTubeで検索すると、あの懐かしの姿が観れた(^-^)


画像



画像



画像



画像



ナント、1980年代の麗しきお姿!!
Eric Carmenはカッコよかったのね!!


Angelaは音楽のみで聴いていたので、改めて彼の歌う姿に惚れ直しましたわ(^-^)
今はデブデブの中年男になり、声も出ないのでダメですけどね……。


クラッシックのピアノソロもピアノを叩いて弾いているのが動画ではわかります。


そしてもう1人のキーボード奏者兼シンガーソングライターのBurton Cummingsの動画も検索。


画像



画像



彼のピアノというよりキーボードの演奏は見事なものです。
YouTubeの貼り付けはしないので、もしも興味を持たれたら英語名で検索してみて下さい。
こういう本物のミュージシャンを知っていますとね、日本で持ち上げられているミュージシャンがカスに見えるのですよ。


パフォーマンスで誤魔化しているのに称賛


実力があるように持て囃されるどこかの国の人達と似ていると思ってはいるが、そんな事を言ったならば狂信的なファンに殺される。


実力のあるミュージシャンは、パフォーマンスも違和感なく演奏で魅了するものだ。


某バンドリーダーのピアノ演奏から、好きだったEric CarmenやBurton CummingsのYouTube検索に繋がった事は無駄ではなかったということか。


もう一つオマケで伊豆田洋之という日本人ピアノ奏者兼歌手を見つけた。
この人の名前だけは聞いたことはあったが、歌を聴いたのは初めてだ。
彼は自分のライブでEric CarmenのFooling myselfをカヴァーしていたのだ。
調べると、アメリカ留学の経験を持ち英語も堪能のようだ。


画像



声質がEric Carmenと似ていて英語の発音にも違和感無い。
ピアノの演奏も地味である。


派手なパフォーマンスとは、実力を誤魔化す場合に用いられたりするのかもしれないね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若かりし頃のEric Carmen Angelaの世界プラス番外編Angelaの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる